東大阪市のイベント
東大阪

 こさかJAZZ Street 東大阪市の近鉄奈良線沿線の音楽イベント。プロ・アマのJAZZミュージシャンと市民の交流イベント「東大阪こさかJAZZ」

東大阪こさかJAZZ 音楽文化の発展と地域活性化 サイトマップ

東大阪こさかJAZZとは 音楽 こさかジャズの活動内容 kosakajazz こさかJAZZストリート実行委員ご挨拶 音楽祭 こさかjazzの過去の催し 東大阪市情報 小阪ジャズの運営・後援・協力 小阪 東大阪こさかJAZZへのお問い合せ こさかじゃず 東大阪こさかJAZZ
小阪ジャズストリート
HOME > 会場案内 > カフェ・ド・クリエ(HOS)
東大阪のイベント Kosaka Jazz Street
東大阪市 こさかジャズ会場案内
バンド
ライブムービー
バンド
ライブムービー
ジャズ
協賛企業募集
音楽
交流
MAP
おんがく
フェイスブック





カフェ・ド・クリエ(HOS)

13:00〜
TRICKAHOLIC(トリカホリック)
落合ゆかり(Vo) 山口誠(G)
プロフィール 2009年の1月に結成。
大阪を中心にジャズバーやカフェなどでライブ活動をスタートする。
2010年よりオリジナルソング中心にシフトチェンジ。Popでキャッチーな曲から、社会にメッセージを投げかける曲まで、多彩な楽曲を、SoulfulでBluesyなVocal、JazzyでTrickyなGuitarで表現する。
演奏予定曲 オリジナル曲とJazzスタンダードを予定
メッセージ ライブできる喜びを感じながら、エネルギッシュで熱く、皆さまを楽しませるライブをしたいと思います。


13:50〜
武良直美(B) 上永龍三(G)
プロフィール 武良直美
中学から、デキシーランドジャズを聞くようになり、大学時代にウッドベースの魅力にめざめ、始めるも、その後一時中断する。40才で、あるセッションをきっかけに再び再開。その後、ライブ・セッションホスト等で、すこしずつながら活動の最中!!
上永龍三
1953年 福岡生まれ。小学高学年よりクラシックギターを独習。エレキブームにちょっかい出しながら、アートロック、ブルースに嵌る。高校の時にジャズに嵌り、以降ほぼジャズ一辺倒。近畿圏にてボチボチと、ライブ活動、セッションホストに勤しんでいる。


14:40〜
kent-f session
kent-f(Key) 津下陽一(G.Vo) 菅原敏泰(B) ふくちゃん(Ca)


15:30〜
vo平野翔子g村山義光 Duo
平野翔子(Vo) 村山義光(G)
プロフィール 平野翔子
1987年生まれ
小中高は京都教育大学附属。
高校時代の3年間、芸能プロダクションで演技・ダンス・発声などを学び、ドラマや映画に出演。
その頃からバッキングボーカルで音楽活動を開始。
高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。2007年9月卒業。
在学中から様々なミュージシャンとセッションライブを重ねる。
バックコーラスでメジャーアーティストのライブやレコーディングにも参加。
2012年4月・10月・2013年2月、NHK『ジャズライブKOBE』に出演、業界からの注目も集まっている。
ジャズからファンク、歌謡曲までジャンルを問わずライブハウス、ホテル、ディスコ、野外イベント、パーティー、ブライダルなどで歌う。
現在年間300本を超える演奏活動を展開中。
http://shoookooo.jugem.jp/
村山義光
1962年 大阪は新世界で生まれ育つ。
6才よりエレクトーンを始め、10才の時、父親から古道具屋で買ってきたクラシックギターをプレゼントされギターに転向。
模写出来るだけでも評価される日本において、大衆のウケなどよりも、一番大事で難しい「オリジナリティ」を確立し続けている希少なジャズギタリストであります。
どこにも属さず、野垂れ死にも覚悟の精神で、自己のスタイルを貫いてきた村山義光。『Murayama’s Styel !!』の音を形にする、まさに「孤高のギタリスト」
日本だけに留まらず現在もYoutube動画で海外からの評価が高く、「ワールドクラス」と称賛。
誰も真似出来ない「オリジナリティ」を持ち「超絶」だけではない即興の中で音の紡ぎ合いを劇的に創り上げます。衝撃のお届けお約束します!
1996年 韓国「ソウル・ジャズフェスティバル」に出演しTV放映される。韓国のジャズ番組に出演
2015年 村山義光リーダーファーストCDアルバム「Murayama Style」レコーディング、発売
http://murayaman.blog72.fc2.com/
こさかジャズ出演者紹介


16:20〜
高田英子+小場真由美
高田英子(Vo) 小場真由美(P)
演奏予定曲 ひだまり(小場真由美オリジナル)
beyond the prairie (小場真由美オリジナル)
Fly me to the Moon
Bali Ha’i
The Good Life
etc
プロフィール 高田英子
大学在学中よりフリーのファッションライター、コピーライターとしてトレンドシーンを発信する。その後フランスのバカンス企業CLUB MEDにエントリーし、日本を脱出。マレーシア、バリ、タヒチ、ニューカレドニア、オーストラリアなどに滞在し、異文化人間と共に仕事をする中で、彼らの音楽やアートからマルチカルチュアルな影響を受ける。

幼い頃に両親の影響で多くのジャズを聞いていたが、ボーカリストしてのスタートは幼い3人の子育て真っ最中からジャズライブのプロデュースを4年間続けたことがきっかけ。当時どのライブハウスでもまだ行われていなかった「昼JAZZ」を全てひとりで毎月プロデュースする中でジャズライブの魅力に取り憑かれ、同時に自分に沸き起こる歌いたい気持ちを抑えられず本格的にジャズボーカルの指導を受ける。ジャズボーカルを西田あつ子らに、ボイストレーニングを大野えり、歌唱を宇田川妙に師事。関西を代表するミュージシャンとの共演で、ライブハウス、ホテル、イベントに多数出演している。

包み込むような癒しのボイスが、心地よく聴き手のからだに染み込み、ジャズスタンダードのストーリーをしっかり伝えながら、独特の自由世界と景色感で歌い上げるスタイル、華やかで楽しく、大人のキュートさたっぷりのステージが人気を呼び、幅広い層のリピートファンを増やしている。

2009年3月、ファーストアルバム「Old Devil Moon」を宮哲之、堀智彦、中島教秀、Larry Marshallとリリース。地上波TV番組「世界!感じる旅へ」の使用曲にとりあげられるなど、好評を得た。2014年5月には、ピアニスト石川武司のサウンドプロデュースで、2枚目のCD「Both Sides Now」をリリース、新鮮なカフェジャズサウンドで好評を得ている。

2014年からいきなり多数のフルマラソンに挑戦。マラソン完走後にそのままライブをするスタイルが驚かれ、「走るジャズシンガー」としてもメディアに度々取り上げられている。
小場真由美
幼少の頃、父の手ほどきでピアノをはじめるが、楽譜どおりに弾くよりも家族の歌の伴奏や、コマーシャルやTVから流れるメロディーに音をかさねることが楽しくなっていく。

そのうち、クラシック以外のJazz、Popsなど、さまざまな音楽に出会い刺激を受ける。そのプレイスタイルはジャンルにとらわれない “歌心のあるピアノ”と評される。

現在関西を拠点に活動しながら、ベーシスト金澤英明氏、ドラマー深水洋氏、サックス奏者高橋知己氏、ボサノバアーティスト中村善郎氏など日本のトップミュージシャンとの共演の機会を得る。

2009年6月ハンマーダルシマー奏者 稲岡大介氏 とアルバム「ノスタルジア」リリース。
2012年11月に ベーシスト中村仁美氏とのユニット【Jasmine】で、おーらいレコードよりアルバム「last note」をリリース。

ギタリスト住吉健太郎とのデュオユニット【Ken Koba】ではオリジナルナンバーを次々と生み出し、2015年4月アルバム「Dear」をリリースし全国でライブを展開している。
メッセージ 毎年こさかJAZZに出演させていただいておりますが、今年はこさかJAZZでは初めて、高田英子+小場真由美の阿吽の呼吸でハッピーで自由度の高いデュオをお楽しみいただきます。

東大阪市の地図
大阪府東大阪市の近鉄奈良線界隈の市民と商店・企業が創る音楽イベント「東大阪こさかJAZZ」
古くから、JAZZに縁のある小阪を中心に Kosaka jazz street festival を開催。楽しい空間と時間を共有しながら少しずつ拡大中!
ジャズコンボ・ビッグバンド・吹奏楽団・セッションユニットの生演奏のお祭り「こさかジャズストリート」。他府県の方も、どんどんお越し下さい。
東大阪市のイベント
こさかジャズ
小阪
おんがく
東大阪 こさか JAZZ ストリート

トップページ東大阪こさかJAZZについて活動内容実行委員会ご挨拶過去の催し運営・後援・協力
広告についてお問い合せ

参加ミュージシャン募集
Copyright Kosaka jazz street festival All Rights Reserved.