東大阪市のイベント
東大阪

 こさかJAZZ Street 東大阪市の近鉄奈良線沿線の音楽イベント。プロ・アマのJAZZミュージシャンと市民の交流イベント「東大阪こさかJAZZ」

東大阪こさかJAZZ 音楽文化の発展と地域活性化 サイトマップ

東大阪こさかJAZZとは 音楽 こさかジャズの活動内容 kosakajazz こさかJAZZストリート実行委員ご挨拶 音楽祭 こさかjazzの過去の催し 東大阪市情報 小阪ジャズの運営・後援・協力 小阪 東大阪こさかJAZZへのお問い合せ こさかじゃず 東大阪こさかJAZZ
小阪ジャズストリート

HOME > 会場案内 > 地域交流ルーム(大阪商業大学)
東大阪のイベント Kosaka Jazz Street
東大阪市 参加ミュージシャン
バンド
ライブムービー
バンド
ライブムービー
こさか
スタッフ募集
バンド
出演者募集
ジャズ
協賛企業募集
音楽
交流
MAP
おんがく
フェイスブック

地域交流ルーム

13:00〜
落合ゆかりグループ
落合 ゆかり(Vo) 山口 誠(G) 松本 享典(Perc)
プロフィール 落合 ゆかり(Vo)
サウスの香りただよう、ソウルフルでブルージーでファンキーなvocal。
JAZZやbluesや、日本語のオリジナル曲を歌い活動中。
伸び伸びとしたステージをお楽しみ下さい!
片岡 ゆき(P)
13歳で当時流行りの弾き語りに憧れ、ギターをはじめる。
中学〜高校生でパンクやロックを演奏。18歳で活動の拠点を大阪にうつし、様々な音楽に触れる内に、ジャズに興味を持つ。
20歳から本格的にジャズを志し、現在は関西を中心に、精力的に活動中。
松本 亨典(Per)
大阪芸術大学卒。
大学卒業後も様々なアーティストと共演し、様々なジャンルのリズムを多彩に演出するドラマー。
パーカッションではラテンのビートも得意とする。
落合ゆかりグループ


13:50〜
朝倉&YOKO
朝倉 聖(Dr) 小泉 陽子(Vo) 木村 ヒロヨシ(P) 藤岡 靖博(B)
プロフィール 朝倉 聖(あさくら きよし)(D)
1978〜1981大阪のジャズクラブ「ロイヤルホース」のハウスバンド西山満トリオに参加、北村英治、峰純子、笈田敏夫、マーサ三宅、等一流のミュージシャンと共演、海外のミュージシャンとのセッションも数多い、現在は自己のグループを結成しライブハウス、ホテル、イベント、コンサート等で活動中、又ドラマーばかり四人のパーカッション・アンサンブルグループ「超越時空」を結成し注目を浴びる。
2001年5月
日中文化友好の一環として自己のグループを率い中国杭州「浙江省音楽庁」で日本人初のジャズコンサートを開催し熱烈な歓迎を受ける、中国琵琶の名手「王 涛女史」と共演。
2007、2008年
中国大連にて「中国ハンセン病村支援チャリティジャズコンサート」に出演
2010年6月
「第3回中国ハンセン病村支援チャリティコンサート」中国杭州にて開催。

音楽教室やクリニック等を行い後進の指導も精力的に行う。
他に障害者支援コンサート『チャリティジャズメッセ』を主催、2014年11月9日(日)に第31回目開催予定。又、老人の音楽療法の分野にも取り組む一方、和歌山「高野山」では1994年〜2001年まで和太鼓の指導(世界リゾート博覧会、他多数出演)
2000年3月
ジャズドラム教則ビデオ(ワイヤーブラシ奏法)『ブラシ四天王』「河瀬勝彦氏、菅沼孝三氏、大坂昌彦氏、朝倉 聖の合作」出版、
2005年7月
リーダーアルバム「OLEO」リリース。

過去の主な出演
大阪城野外ステージこけら落としジャズコンサート、ジャズイン高野山、
高野山大学百周年記念コンサート、中之島ジャズコンサート
大阪花の博覧会コンサート、神戸ジャズピクニックコンサート
神戸まつり、神戸アーバンリゾートフェア、いちばん星コンサート
8時間耐久ライブ、徳島ジャズストリート、丸亀ジャズストリート、
中国杭州ジャズコンサート、大連チャリティコンサート、
中国杭州チャリティコンサート
チャリティコンサート「ジャズメッセ」他多数出演。
小泉 陽子(Vo)
京都生まれ。
1997年 ニューヨーク生まれのSandi BlairにJAZZ VOCALを本格的に師事。
1999年 Sandi Blairプロデュースのもと、アメリカ・ニュージャージー州にて、CD「Dream」(キングレコード Paddle Wheel)をレコーディングし、メジャーデビューする。
レコーディングメンバーに、ノーマン・シモンズ(Piano,Arr) ポール・ウエスト(Bass) ウィナード・ハーパー(Drs) を迎え、「Swing Journal」「JAZZ LIFE」等各ジャズ雑誌にて脚光を浴び、本格的シンガーの登場と話題になる。
レコーディングで共演したポール・ウエストは「Warm and rich voice」の持ち主と絶賛。
木村 ヒロヨシ(P)
1942年生まれ、中学時代にクラシックピアノを始め、社会人になりジャズに興味を持ち、24才でプロ入り、西山滿グループ、伊藤智幸グループを経て自己のグループを結成する、国内外の著名なミュージシャンとのセッションも数多く体験、また、男性ボーカリストとしてもパイオニア的存在。自身のボーカルCDもリリースしている。
藤岡 靖博(B)
20歳でプロ活動を開始する。
その後、村上治、松村和男の両氏に師事しクラシック奏法を学び、ジャズからクラシック迄、オールラウンドの活動を続ける。
現在、ジャズライブやコンサート等の他「ミュージックフェローズ・たまねぎ」のメンバーとして活動中。
コンピューターでの音楽製作も手掛ける。
朝倉&YOKO


14:40〜
Erika with 廣田昌世トリオ
廣田昌世(B) Erika(Vo) 鈴木 久美子(As) ジェシ・フォレスト(G)
プロフィール 廣田 昌世(B)
大阪府堺市出身。
10代のころよりエレクトリックベースを始めロック、フュージョン、ソウル、ファンク、ブルース、ラテン等のジャンルのバンドを経験する。その後モダンジャズに傾倒、コントラバスを始め ジャズベース、クラシックベースを師事。

その後プロ活動を開始し、ジャズを中心に、ルーツ音楽(フォルクローレ、ミュゼット、モダンタンゴ、等)や、和楽器や舞踏家とのコラボレーション等幅広く演奏する。

現在ライブスポット、ホテル、イベント、奉納演奏、 福祉施設、学校公演、ラジオ、TV等に出演、内外のミュージシャンと数々のステージに出演しCDアルバム録音参加等、関西を中心に、全国区で活躍中である。

コントラバスのみのバンド ざ・低音一家≠フ主宰を務めその作・編曲のほとんどを手がける。

2008年より低音一匹ベースSOLO活動も開始ジャンルの枠にとらわれない自己の活動は常に精力的でありコントラバスの無限の可能性を追求する。サポートのみならずリーダーバンドでの活躍も光る。

自身がオーナーであるBAR RED CORNERでベースレッスンを行う。
秋谷ミュージックスクールでも講師を担当
Jesse Forest(G)
1984年生まれ、アメリカ・バーモント州出身。
幼少の頃からクラシックギターを学び、イーストマン音楽院で行われたコンテストにて州を代表して優勝。
高校卒業後はNew Schoolジャズ科への入学を機にニューヨークへ渡る。
後にニューヨーク市立大学City College校音楽学部ジャズパフォーマンス科に編入。
2009年、同大学を首席で卒業しBFA学士号を取得。
在学中からZINC bar、Cornelia Street Cafe、55 bar、Bitter Endといったニューヨークの様々なクラブで、また国連本部でも演奏するなどして活躍。
2010年から日本へ移住するも、アメリカと日本で演奏活動を展開。
現在は自己のグループでオリジナルを演奏すると同時に、The Global Jazz Orchestraやヴォーカリスト東かおるとのStar In Greenといたユニット等でも活動中。
またギター演奏のみに留まらず、作詞作曲やアレンジャーとしても高い評価を得ている。

2016年3月9日、初となるリーダーアルバム「Lights Out」をApollo Soundsより発売。
関西発ジャズ情報誌Way Out West内「Jazz English」の執筆者としても知られている。
鈴木 久美子(As)
静岡県出身。高校時代より吹奏楽部にてサックスを始め、この時初めてジャズのビックバンドを経験し、ジャズの持つノリのよいスイングのリズムや即興演奏の楽しさに強く惹かれるようになる。
大学進学後、ライブ活動を開始する。
卒業後4年の会社勤めを経てプロ活動を開始。京阪神、名古屋のライブハウスにレギュラー出演、イベントや企業のパーティでの演奏も多数行う。

また小中学校の音楽鑑賞会での演奏など、ジャズの楽しさを広める活動も行っている。
Erika(Vo)
長期間の活動休止期間を得て、2年前よりライブ活動を再開。
ジャズナンバーを中心にジャンルに捉われないレパートリーを持つ。
石垣島に10年暮らした経験から、沖縄民謡等も得意とする。
パワフルな歌声と明るさが持ち味、現在大阪や神戸のジャズクラブやライブハウス、イベント、などで活躍中。
韓国への遠征など活動の幅を広げている。
トルネードボンバー


15:30〜
ハッピーハウス
鈴江 愛理(As) 山内 健史(Ts) 田中 真登(B) 松本 大(Dr)
プロフィール ほのぼのしたフォークソンググループのようなグループ名ですが、コレが曲者です。何とフリージャズの大巨匠オーネットコールマンの名曲ハッピーハウスをバンド名に冠したアグレッシブなジャズグループで、演奏する曲はオーネットコールマン、チャールズミンガス、セロニアスモンク、とっても硬派な危ないバンドです。メンバーはリーダーのドラマー松本大、人気のアルトサックス鈴江愛理、テナーサックス山内健史、ベース田中真登のカルテット編成です。コード楽器が無いことからより自由なアンサンブルに挑戦できるスタイルをとってます。若い世代のグループですが1960年代のジャズの強力なメッセージを伝えようと活動する意欲的なバンドです。
鈴江 愛理(As)
奈良県出身。祖父の趣味であったアルトサックスを9歳で手にし、将来ミュージシャンになることを決意。ジャズ好きの母の影響で、高校在学時よりジャズを習い始める。高校卒業後、甲陽音楽学院へ入学し、荒崎英一郎氏に師事。以後、良い音と枠に囚われないフレージングを追求し、関西を中心に自己のグループや京都コンポーザーズジャズオーケストラのメンバーとしてライブ、レコーディング活動を行っている。
山内 健史(Ts)
兵庫県宝塚市出身。
東北大学工学部入学後、ジャズサックスに傾倒。在学中から仙台でプロ活動を始める。2015年より甲陽音楽学院へ転学し、17年に卒業。Raymond McMorrin、Randall Conners、荒崎英一郎、竹下清志、谷口知巳各氏に師事。
現在は関西を拠点に、京都コンポーザーズジャズオーケストラ、荒崎英一郎ビッグバンドほか、多数のライブやレコーディングに参加している。また自己のリーダーライブとして、宮沢賢治の詩と即興演奏の対位法を試みるイベント「 賢治会 (mental sketch remodified) 」を主宰。
田中 真登(B)
広島市出身。高校生のときにベースを始め甲陽音楽学院に入学。卒業後は奨学金を獲得しバークリー音楽大学に入学。在学中よりボストン近郊での演奏活動やレコーディングに参加。Hal Crook、Susan Hagen、John Repucci に師事。
帰国後、関西を中心に活動している。
松本 大(Dr)
ハッピーハウス

JAZZ SQUARE
16:20〜
JAZZ SQUARE
塩本 彰(G) 武井 務(Ts) 時安 吉宏(B) 浅井 良将(As)
みどころ ジャズといえばアドリブ、つまり「即興」がいちばんの特徴です。ジャズの即興のほとんどは、ジャズの約束事の上で演じられています。約束事を土台にあれこれ考えて自分なりの色を出す----それがジャズにおけるアドリブの楽しさです。以上は一般的なジャズの話。

じゃあ、Jazz Squareのジャズはどうなのか。「約束事を踏まえたアドリブ」というよりも、ジャズの約束事を手掛かりに4人のミュージシャンがあうんの呼吸で繰り広げる音の絵巻物という感じでしょうか。

主宰するギタリストの塩本彰さんによれば、「自分たちがやろうとする音楽はハプニングだ」と言っています。音楽的事件であったり、予期せぬ出来事であったりということのようです。

ということで何が起こるか誰もわからないワクワクドキドキのひとときを楽しみましょう!
プロフィール 塩本 彰(G)
神戸市出身。21歳で上京し、六本木のライブハウス、バードランドのレギュラーバンドを半年間勤める。

その後、地元神戸で音楽活動を続け、1981年に再び上京し、ベースの 鈴木勲グループ等でライブ、レコーディングに参加。豊かな感性と幅広い音楽性は、あらゆるジャンルから高く評価され、ボサノヴァの小野リサ、ベースの鈴木勲、水橋孝、ピアノの井上祐一や湊孝夫のアルバム等で聴くことが出来る。

また、1999年まではピアノの木住野佳子グループ等にも参加。スイングジャーナル誌の日本ジャズメン人気投票ギター部門においては常に上位にランクされている。最近は数多くのセッションや、自己のトリオで活動。他には11人編成のスモールオーケストラも展開。(作編曲においては、大西順子ジャズワークショップ等にも取り上げられ演奏される)特に東京・国分寺「T’s」で数年間務めていたセッションホストとしてのリーダーシップは、多くのミュージシャンから深い信望を集めた。

2009年、30年以上住んでいた東京から大阪に拠点を移し、新たな活動を展開している。

2011年4月末にリリースされた斎藤十萌子の1stアルバム「AS TIME GOES BY」で、アレンジおよび演奏にて全面サポートしている。そのプレイは変幻自在だ。「奔放な発想」と「遊び心」、「洒脱なアレンジ」や「色彩豊かな音色」が深い魅力を放っている。 
武井 努(Ts)
大阪出身。高校時代にジャズに出会い独学にてSaxやFluteなどを習得。
大学進学とともにジャズを中心に本格的な音楽活動を開始し。徐々に活動の場をひろげてゆき、E.D.F.やモダンチョキチョキズ、Wodden Pipe等に在籍。大学院終了後エンジニアの職に就くが、音楽への情熱を捨てられず2001年退職。

数多くのライブ、バンド、レコーディングを行いながら現在も関西を中心に精力的に活動中。最近は自己のセッションライブの他、NHK-FMのSession 2016出演(E.D.F.)やEast West Trioでのツアー、サポートではTHE MICETEETH、J-M-S、ノエル・ギャラガー日本公演など多数。

ピアニスト清水武志と立ち上げたレーベルFollow Club Recordでは最近10作目を発表した。

また演奏だけではなく、作曲、アレンジ、DTMも手がける。自己のスタイルを大切にしつつ、ジャンルを超えた幅広い音楽性で音楽にアプローチする多才なプレイヤー。

常々、鼻歌を歌うように演奏したい、と思っている。さらに舞台でも活動の場を広げており、吉本百年物語(2013)、ユニバース(2013)、まことに神の造りしをんな(2015)等で音楽・演奏を担当、ろまんてぃっくdeないとぉ〜(2007, 2008)、うたかたのしあわせに(2007)では舞台役者も務めた。
時安 吉宏(B)
大阪音楽大学ジャズ科卒業。高校時代にジャズバンド部でウッドベースを手にする。音大在学中よりライブ活動を開始。京阪神を中心に、最近では全国的に活躍中。ジャズのみならず、ポップスやゴスペルなどのサポート、また有線やCD作品、DVDなどの参加も多数。それ以外にも現代美術との競演など、オリジナリティーあふれるその活動は多岐に渡る。

国内外の有名ミュージシャンとの競演も多数。さまざまなアーティストのライブを支えるベーシストとして活躍。尊敬するアーティストは、スクーリースベリッソン、デイブカーペンター。
浅井 良将(As)
甲南中学・高校で、Konan Brass Ensembleに所属しビッグバンドでAlto saxを吹く。

元Arrow Jazz Orchestraの江藤嘉昭氏(sax)、小曽根啓氏(sax,flute)に師事し、渡辺貞夫氏(as)や日野皓正氏(tp)と共演。2004年11月Left Alone アマチュアバンドオーディションで最優秀ソリスト賞を受賞。甲南大学中退後、甲陽音楽学院で荒崎英一郎氏(sax,flute)、ランドールコナーズ氏(sax,flute)に師事。

2006年第一回豊中ジャズコンテストでグランプリを受賞。同年6月,アメリカのケンタッキー州ルイビル大学で開催された、デイブ・リーブマン氏(sax)主催のInternational Association of School Jazz(I.A.S.J)に参加。同年8月、Berklee Music Collegeの奨学金12,000ドルを獲得。同年12月、Blue Note Osakaに自己のバンドで出演。

甲陽音楽学院卒業後プロ活動を開始。

2007年第一回神戸ネクストジャズコンペティションで準グランプリを受賞。

1st Album「Introducing」をNewburry Street Musicより発表。市原ひかり(trumpet)グループのメンバーとしてポニーキャニオンより2枚のアルバムを発売、全国ツアーにも参加。三木俊雄(sax)率いるFrontpage Orchestraのメンバーとして約3年間、東京での演奏活動に参加。自主レーベルGrey Heron Musicを立ち上げ、「A Precious Thing」・「The Alchemist」(浅井良将セプテット)の2枚のアルバムを発表。

『Jazz Page』(http://www.jazzpage.net/)人気投票で、2012年度サックス部門で第一位に選ばれ、2013年NHK-FMの番組「セッション2013」に浅井良将セプテットで出演、全国放送される。

現在は関西を中心に、自己のバンドをはじめ、Kyoto Composers Jazz Orchestra等多くのプロバンドのメンバーとして演奏活動する傍ら、講師としても意欲的に活動している。
ジョシュア・塩本 彰グループ

東大阪市の地図
大阪府東大阪市の近鉄奈良線界隈の市民と商店・企業が創る音楽イベント「東大阪こさかJAZZ」
古くから、JAZZに縁のある小阪を中心に Kosaka jazz street festival を開催。楽しい空間と時間を共有しながら少しずつ拡大中!
ジャズコンボ・ビッグバンド・吹奏楽団・セッションユニットの生演奏のお祭り「こさかジャズストリート」。他府県の方も、どんどんお越し下さい。
東大阪市のイベント
こさかジャズ
小阪
おんがく
東大阪 こさか JAZZ ストリート

トップページ東大阪こさかJAZZについて活動内容実行委員会ご挨拶過去の催し運営・後援・協力
スタッフ募集広告についてお問い合せ

参加ミュージシャン募集
Copyright Kosaka jazz street festival All Rights Reserved.