東大阪市のイベント
東大阪

 こさかJAZZ Street 東大阪市の近鉄奈良線沿線の音楽イベント。プロ・アマのJAZZミュージシャンと市民の交流イベント「東大阪こさかJAZZ」

東大阪こさかJAZZ 音楽文化の発展と地域活性化 サイトマップ

東大阪こさかJAZZとは 音楽 こさかジャズの活動内容 kosakajazz こさかJAZZストリート実行委員ご挨拶 音楽祭 こさかjazzの過去の催し 東大阪市情報 小阪ジャズの運営・後援・協力 小阪 東大阪こさかJAZZへのお問い合せ こさかじゃず 東大阪こさかJAZZ
小阪ジャズストリート

HOME > 会場案内 > 円形ホール(樟蔭学園)
東大阪のイベント Kosaka Jazz Street
東大阪市 参加ミュージシャン
バンド
ライブムービー
こさか
スタッフ募集
バンド
出演者募集
ジャズ
協賛企業募集
音楽
交流
MAP
おんがく
フェイスブック

円形ホール(樟蔭学園)

13:00〜
トルネードボンバー
箕作元総(Vo.G) 金井優貴(G) 真木毅(B) 生島大輔(P.Bn) 塩入基弘(Dr)
プロフィール 2011年箕作元総(vo,g、ウクレレ、バンジョー)、金井優貴(g)を中心に真木毅(b)らと結成。2012年に生島大輔(p,バンドネオン)が加入し現在のメンバーになる。

Swing,Jive,Blues等古き良きジャズのスピリットを根底にしながら、ギター、ウクレレ、バンジョー等の色々な弦楽器にバンドネオン、コントラバス、ドラムスとゆう珍しい 編成で古今東西の名曲を独自のスタイルで演奏を展開する。そのレパートリーはオリジナル、ジャズスタンダードから、新旧のポップス、世界各地のフォークソング、タンゴ、歌謡曲、演歌まで幅広くボーダーレスであるが、全てがスインギーでハッピーなトルネードサウンドに変化する。

メンバーみんなで観客も巻き込んでみんなで歌うライブショー。客席からも掛け声、笑い声が飛び交う中、可笑しくも反骨精神の効いたトークを盛り込んで日本各地の老若男女を巻き込み展開中!

演奏曲目はひょっとしたら変わるかもしれませんが、アイガットリズム、ウェンユアスマイリン、さらばジャマイカ等を予定しております。

抱負としては楽しいステージをお送りするつもりです。宜しくお願い致します。


13:50〜
朝倉 聖トリオ&YOKO
朝倉聖(Ds) YOKO(Vo) 三浦敦子(P) 藤岡靖博(B)
演奏ジャンル 経験豊富なメンバーを集めました、大人の雰囲気を醸し出す演奏になるか、汗がほとばしる演奏になるか、お楽しみ?
プロフィール 朝倉 聖(あさくら きよし)
1978〜1981大阪のジャズクラブ「ロイヤルホース」のハウスバンド西山満トリオに参加、北村英治、峰純子、笈田敏夫、マーサ三宅、等一流のミュージシャンと共演、海外のミュージシャンとのセッションも数多い、現在は自己のグループを結成しライブハウス、ホテル、イベント、コンサート等で活動中、又ドラマーばかり四人のパーカッション・アンサンブルグループ「超越時空」を結成し注目を浴びる。

2001年5月
日中文化友好の一環として自己のグループを率い中国杭州「浙江省音楽庁」で日本人初のジャズコンサートを開催し熱烈な歓迎を受ける、中国琵琶の名手「王 涛女史」と共演。
2007、2008年
中国大連にて「中国ハンセン病村支援チャリティジャズコンサート」に出演
2010年6月
「第3回中国ハンセン病村支援チャリティコンサート」中国杭州にて開催。

音楽教室やクリニック等を行い後進の指導も精力的に行う。
他に障害者支援コンサート『チャリティジャズメッセ』を主催、2014年11月9日(日)に第31回目開催予定。又、老人の音楽療法の分野にも取り組む一方、和歌山「高野山」では1994年〜2001年まで和太鼓の指導(世界リゾート博覧会、他多数出演)

2000年3月
ジャズドラム教則ビデオ(ワイヤーブラシ奏法)『ブラシ四天王』「河瀬勝彦氏、菅沼孝三氏、大坂昌彦氏、朝倉 聖の合作」出版、
2005年7月
リーダーアルバム「OLEO」リリース。

過去の主な出演
大阪城野外ステージこけら落としジャズコンサート、ジャズイン高野山、
高野山大学百周年記念コンサート、中之島ジャズコンサート
大阪花の博覧会コンサート、神戸ジャズピクニックコンサート
神戸まつり、神戸アーバンリゾートフェア、いちばん星コンサート
8時間耐久ライブ、徳島ジャズストリート、丸亀ジャズストリート、
中国杭州ジャズコンサート、大連チャリティコンサート、
中国杭州チャリティコンサート
チャリティコンサート「ジャズメッセ」他多数出演。
藤岡
20歳でプロ活動を開始する。
その後、村上治、松村和男の両氏に師事しクラシック奏法を学び、ジャズからクラシック迄、オールラウンドの活動を続ける。
現在、ジャズライブやコンサート等の他「ミュージックフェローズ・たまねぎ」のメンバーとして活動中。
コンピューターでの音楽製作も手掛ける。
三浦敦子
三歳よりピアノを始める。小六の時にビートルズの「Let It Be 」を聞いてポピュラーミュージックにはまる。
中・高時代は軽音楽部にてレディースロックバンドを結成しエレキギターを担当する。
大阪音楽大学作曲学科楽理専攻卒。大学在学中からジャズピアノも始める。
ピアノはもとよりキーボードも演奏し、阪神間を中心に様々なシーンで演奏活動を展開している。
神戸市須磨区で、正覚院音楽教室を主宰。幅広い年齢層に、ピアノを中心に音楽指導をしている。
YOKO
京都生まれ。
1997年 ニューヨーク生まれのSandi BlairにJAZZ VOCALを本格的に師事。
1999年 Sandi Blairプロデュースのもと、アメリカ・ニュージャージー州にて、CD「Dream」(キングレコード Paddle Wheel)をレコーディングし、メジャーデビューする。
レコーディングメンバーに、ノーマン・シモンズ(Piano,Arr) ポール・ウエスト(Bass) ウィナード・ハーパー(Drs) を迎え、「Swing Journal」「JAZZ LIFE」等各ジャズ雑誌にて脚光を浴び、本格的シンガーの登場と話題になる。
レコーディングで共演したポール・ウエストは「Warm and rich voice」の持ち主と絶賛。
朝倉聖トリオ&YOKO


14:40〜
里村稔カルテット
里村稔(Ts) 柳原由佳(P) 時安吉宏(B) 梶原大志郎(Dr)
プロフィール 里村稔(Ts)
12歳頃に兄弟の影響でジャズやフュージョンを聞き始め、アルトサックスを始める。
大学に進学し、本格的にジャズに取り組みテナーに転向。独学でジャズを学ぶ。
主にビッグバンドで活動。コンテストで様々な賞を受賞。その後コンボの活動に力を入れはじめ、関西のライブハウスを中心に様々なジャンルで活躍。
98年には大阪のグローバルジャズオーケストラとアメリカ西海岸のモンタレージャズフェスに参加。
フュージョンユニットBLACK CANDY参加時には韓国ツアーを年二回行ったりと活動の場を海外にもひろげている。
これまでケニーワシントン、ルイスナッシュ、クリフトン・アンダーソン、ボビー・シュー、ビル・ワトラス、渡辺貞夫、村上ポンタ秀一、東原力哉、原大力、多田誠司、MALTAなど内外の有名アーティストと共演。
現在、古谷充ネイバーフッドビッグバンド、MSJQなどに参加。関西中心に様々なプレイスタイルで活躍している。
こさかじゃず出演者


15:30〜
東原力哉SPバンド
東原力哉(Ds) 服部利一(Ts) 名倉学(P) 佐々木善暁(B)
プロフィール 東原力哉(Ds)
香川県高松市出身。
15歳の頃より活動を始め、“嵐を呼ぶ男”・“ナニワのリキヤ”・“一匹狼ドラマー”・“裸足のドラマー”数々の異名をとり、世界の音楽シーンにその名を馳せるスーパードラマー。
キレ味の良いシンバルワーク、重いビート、豪快で説得力のあるドラミング、優れたワザと雄弁な語り口、豪放さ、そしてその奥にある神経の細やかさ、多彩に叩分けるオールラウンドプレイヤー。
常に時代をリードするサウンドにエネルギッシュなパワーを叩き込んできた男。
多くのセッションで活動。各参加バンドでアルバム多数。
服部利一(ts) Toshikazu Hattori
神戸市生まれ。ジャズ・ドラマーの父をもち、幼い頃から音楽に親しみ、小学校の頃からクラリネットを習い始める。高校時代ブラス・バンドに所属し、吹奏楽で基礎的な力をつける。後に、バリトン・サックスからアルト・サックスに持ちかえプロとなる。ビッグ・バンドのバロン・ジャズ・オーケストラの一員となり、多数の著名な歌手の伴奏、録音、放送やライヴ演奏に専念する。その後、モダン・ジャズに興味をもち、チャーリー・パーカーやソニー・スティットに傾倒するが、ジョン・コルトレーンの演奏に触れ、衝撃を受け、テナー・サックスに転向、コルトレーン・ジャズを研究、コンテンポラリー・ジャズを追求する。ピアニスト石井彰やベーシスト北川潔とライヴ活動をスタート。
その後、石井彰、竹田達彦(Dr)、荒木哲郎(Bs)とコンボを組み、関西を中心にライヴ活動を続けた。現在は自己のバンドを率いて活動を続けている。
好きなミュージシャンはジョン・コルトレーン
関西ジャズ協会・ジャズスクール講師。
名倉学 -なくら まなぶ(ピアニスト/キーボーディスト)
関西一円のホテル、レストラン、バーなどでピアノを演奏する一方、キーボーディストとしても大手レコード会社のアーティストのサポートでTVやイベントに多数出演。
またスタジオワークやアレンジャーとしてもメジャーレーベルから楽曲が多数リリースされている。ジャズやファンクからハードロックまで、ジャンルを選ばないプレイで年間300本以上のステージをこなす。海外の著名アーチ
ストとの共演も多数。2013年、全曲作曲編曲、数曲では作詞も手がけるソロ
アルバム「鍵盤道」をリリース。
■キャットミュージックカレッジ専門学校 ピアノ・キーボード専攻講師。
■KORG、nord専属デモンストレーター
佐々木善暁(B)
愛媛県松山市出身。
大阪芸術大学音楽工学コース卒。
在学中よりpiano、声楽等を学び、ジャズ研究会においてファンクやジャズなどの音楽を学ぶ。
卒業後、コントラバスに転向。
魚谷のぶまさ氏、荒玉哲郎氏、池内修二氏に師事。
現在は関西を中心に活動中。
ジャズ、ポップス、ゴスペル、ハワイアン、ケルト音楽など様々なジャンルのベーシストとしてライブやレコーディングに参加。
支援学校教員としての経験を生かし施設や学校での演奏、またアレンジャーとしてはテレビ、ラジオのCMソングを手がける等、多方面で活躍中。
2010年2月 尾崎紀世彦コンサートツアーに参加。
2013年4月 ハワイのグラミー賞とも称される、第36回、37回ナ・ホク・ハノハノ・アワードの最優秀インターナショナル・アルバム部門の最終選考に、Hook氏の発表した『Imagine 』『In The Moment 』のアルバムに参加し、それぞれがノミネートされる。
2013年11月 神戸ビエンナーレ2013 ミュージック&アートステージコンペティションにて審査員特別賞を受賞。
2016年10月、おーらいレコードより、自身のリーダーアルバム"Country"をリリース
こさかじゃず出演者


16:20〜
トムベイカー・スペシャルバンド
トム・ベイカー(Dr) 加茂紀子(P) Nea(G) 大倉甲(B)
プロフィール トム・ベイカー(ドラムス)
1955年ニュージャージー州生まれ
ボストンのバークリー音楽院でゲーリー・バートン、ゲーリー・チャフィー、ディーン・アンダーソン等に師事、卒業後ニューヨークに拠点を移し、1978年からフリーランスで継続して活動。
主な活動としてヨーロッパ、アメリカ各地をビル・モレンホフ(ヴィブラフォーン二スト)のツアーに参加。ライオネル・ハンプトン、ジニー・ブライソンとの共演・ジョー・チェンバース、フレディー・ハバードのレコーディングに参加。
加茂紀子(ピアノ&ヴォーカル)
函館市出身。幼少のころより、ピアノ教師の母親からピアノの手ほどきを受ける。
函館中部高校を卒業後、明治学院大学英米文学科在学中からプロ活動を始める。
1986年にニューヨークを訪れた際、名ドラマー、アート・ブレイキーとの運命的な出会いをきっかけに、翌1987年にニューヨークに活動の場を移す。や がてニューヨークのジャズの殿堂「コットンクラブ」にて、東洋人として初のハウスピアニスト、ボーカリストとなる。その他にも、エンパイアーステイトビル ディングでのホリデーコンサートに毎年出場するなど、精力的に活動を続けている。
Nea(ギター)
ギターを中野重夫氏、布川俊樹氏に師事。R&Rバンド「ルシール」でデビュー。その後セッションギタリストとして活動し、「飛龍の拳」(任天堂)「X2000」(タイトー)をはじめ数々のCM、ゲーム音楽を手がける。
ジャズギタリストとしては、東京、横浜を中心に活動。渋谷毅、石井彰、布川俊樹、Hi-Tide Harris、坂田稔と共演。 2007年より大阪に活動拠点を移し「nea Guitar School」を主宰、また自身のライブ活動のほか、ラジオのパーソナリティ(「Jazz Up」ならどっとFM 78.4MHz/毎月第1水曜日16:30〜)など多方面で活躍中。
大倉甲(ベース)
大阪音楽大卒、新進気鋭の若手べーシストとして関西のライブシーンで活躍中。
こさかじゃず出演者


東大阪市の地図
大阪府東大阪市の近鉄奈良線界隈の市民と商店・企業が創る音楽イベント「東大阪こさかJAZZ」
古くから、JAZZに縁のある小阪を中心に Kosaka jazz street festival を開催。楽しい空間と時間を共有しながら少しずつ拡大中!
ジャズコンボ・ビッグバンド・吹奏楽団・セッションユニットの生演奏のお祭り「こさかジャズストリート」。他府県の方も、どんどんお越し下さい。
東大阪市のイベント
こさかジャズ
小阪
おんがく
東大阪 こさか JAZZ ストリート

トップページ東大阪こさかJAZZについて活動内容実行委員会ご挨拶過去の催し運営・後援・協力
スタッフ募集広告についてお問い合せ

参加ミュージシャン募集
Copyright Kosaka jazz street festival All Rights Reserved.