東大阪市のイベント
東大阪

 こさかJAZZ Street 東大阪市の近鉄奈良線沿線の音楽イベント。プロ・アマのJAZZミュージシャンと市民の交流イベント「東大阪こさかJAZZ」

東大阪こさかJAZZ 音楽文化の発展と地域活性化 サイトマップ

東大阪こさかJAZZとは 音楽 こさかジャズの活動内容 kosakajazz こさかJAZZストリート実行委員ご挨拶 音楽祭 こさかjazzの過去の催し 東大阪市情報 小阪ジャズの運営・後援・協力 小阪 東大阪こさかJAZZへのお問い合せ こさかじゃず 東大阪こさかJAZZ
小阪ジャズストリート
HOME > 会場案内 > 蒼天ホール(大阪商業大学)
東大阪のイベント Kosaka Jazz Street
東大阪市 こさかジャズ会場案内
バンド
ライブムービー
バンド
ライブムービー
ジャズ
協賛企業募集
音楽
交流
MAP
おんがく
フェイスブック





蒼天ホール

12:00〜
トルネードボンバー
東雲真理(Vo) 箕作元総(Vo.G) 金井優貴(G) 真木毅(B) 生島大輔(P.Bn) 梅本浩亘(Dr)
演奏ジャンル ジャズ
プロフィール 2011年箕作元総(vo,g、ウクレレ、バンジョー)、金井優貴(g)を中心に真木毅(b)らと結成。2012年に生島大輔(p,バンドネオン)、梅本浩亘(ds)が加入し現在のメンバーになる。
Swing,Jive,Blues等古き良きジャズのスピリットを根底にしながら、ギター、ウクレレ、バンジョー等の色々な弦楽器にバンドネオン、コントラバス、ドラムスとゆう珍しい 編成で古今東西の名曲を独自のスタイルで演奏を展開する。そのレパートリーはオリジナル、ジャズスタンダードから、新旧のポップス、世界各地のフォークソング、タンゴ、歌謡曲、演歌まで幅広くボーダーレスであるが、全てがスインギーでハッピーなトルネードサウンドに変化する。
メンバーみんなで観客も巻き込んでみんなで歌うライブショー。客席からも掛け声、笑い声が飛び交う中、可笑しくも反骨精神の効いたトークを盛り込んで日本各地の老若男女を巻き込み展開中!
【東雲真理】
大阪音楽大学声楽学科卒業。イブリンブレィキー師匠と生活を共にしジャズの神髄にはまる。アロージャズオーケストラ、有馬とおるノーチェクバーナバンドシンガーを経て、渡辺文男カルテット、藤井貞泰 トリオ、箕作元総と共に活動。弾き語りも好評である。ボイストレーニングボイステクニックの指導にも余念がない。
大阪音大幸楽会会員、大阪音楽大学短期大学特別推薦員。
【箕作元総】
1970年、大阪生まれ。幼い頃より、音楽家であった祖父や、音楽好きだった両親の影響で、いろいろな音楽に親しむ。
13才でギターを始め、クラシックギターを中川誠氏に師事。15才の頃よりライブハウスなどで活動を始める。
ジャズに興味を持ち、道下和彦氏に師事。同時に音楽理論を、祖父に学ぶ。
自己のバンド「トルネードボンバー!」も日本各地で好評を得ている。日本各地をギター一本持って演奏してライブを展開中。
【金井優貴】
13歳で当時流行りの弾き語りに憧れ、ギターをはじめる。
中学〜高校生でパンクやロックを演奏。18歳で活動の拠点を大阪にうつし、様々な音楽に触れる内に、ジャズに興味を持つ。
20歳から本格的にジャズを志し、現在は関西を中心に、精力的に活動中。
【生島大輔】
ジャズピアノ、バンドネオン奏者
ロックやジャズを聴き16歳からピアノを弾き始める。
19歳からジャズピアノを清水武志氏に師事しその頃より関西各地のライブハウスやバー、レストランなどでジャズを中心とした演奏活動をはじめる。
同時期タンゴを聴き感銘を受けタンゴの花形楽器であるバンドネオンを門奈紀生氏に師事。門奈氏率いる日本を代表するタンゴ楽団「オルケスタ・アストロリコ」に参加しアルバムの録音や演奏活動を行う。
2013年バンドネオン中心の1stソロアルバム「Pensees」発表。
こさかじゃず出演者


13:00〜
平山バンド
平山恵勇(Dr) 奥村斉(P.Key) 石村義弘(B) 里村稔(Ts)
演奏ジャンル ジャズ
プロフィール 【平山恵勇(ひらやましげお)】
1954年 大阪で生まれる。
1973年 田中武久(P)トリオのメンバーとしてプロデビュー。その後、轟剣治(Ts)クインテット〈名古屋〉、米田正嘉(P)グループ〈京都〉に参加。
1978年 鈴木勲(B)に認められ上京。僅か2年で6枚のアルバムを残す。
1981年 本多俊之(As)率いるバーニングウェーブのメンバーとしてアルバム“ブーメラン”の全国ツアーに参加。タモリの“今夜は最高”の全国ツアーに参加。ツアー終了後、中本マリ(Vo)&スパンキーに加わる。大徳俊幸(P)と共に“WALKIN”を結成し、アルバム“WALKIN”を製作
1988年〜 今田勝NOW INに加わりアルバム“アジャ”“ディアフレンズ”etcをレコーディング。またこの間、伊藤君子・深井克則・坂井紅介・鈴木宏昌・松本英彦・高橋達也etcのグループにも参加。
1998年 ギルエヴァンスに絶賛されたピアニスト、トム・ピアスン率いるトリオやビッグバンドに参加。
1999年 阿川泰子(Vo)のツアーにメンバーとして参加。
2000年 五十嵐はるみ(Vo)のアルバム“サムシング”に参加。石井竜也の船上コンサートに参加。
2003年 アジア5カ国(韓国、シンガポール、香港、マレーシア、日本)のミュージシャンが終結した《アジアンスピリッツ》のメンバーになり、韓国(ソウル)で1stコンサートを行う。
2004年 アジアンスピリッツでフィンランドのポリジャズフェスティバルに出演。
2005年 五十嵐はるみ(Vo)のアルバム“スイングショウ”に参加。
2006年 弘田三枝子(Vo)のアルバム“じゃずこれくしょん”に参加するとともに五十嵐はるみ(Vo)《ブルースエンジェルス》のアルバム“Love!Everybody”に参加。
阿川泰子、五十嵐はるみ、トム・ピアスン、弘田三枝子、深井克則G、マリーン、森山良子、渡辺真知子etc…のツアー参加やアルバム参加、また自己のユニット“SIX SENSE”やトリオで首都圏を中心に日本各地、海外においてもカテゴリーにとらわれない精力的な演奏活動を展開している。
【奥村斉】
幼少からピアノを始め、中学時代からシンセサイザーに傾倒する。
高校時代に出会ったChick Coreaの音楽に衝撃を受け、以後は様々な音楽を演奏する傍らチックの音楽と技法について研究し続け、楽曲レパートリーは軽く100曲を超える。
また、 2013年には自らアレンジした「Spain」をChick本人の前で演奏し絶賛を浴びる。現在、平山”サンペイ”恵男Trioはじめ、自己のユニットや Something Romanchick等チックの楽曲に特化した企画・ユニット中心に関西各地の主要ジャズクラブで活躍中。」
【石村義弘】
エレクトリックベースでのインプロバイズの可能性に惹かれ日々演奏しています。
多くのプロ、アマチュアの方々と共演。
関西方面で活動しております。
エレクトリックベースでのジャズ演奏に勤しんで、主にフレットレスベースを弾いています。
ジャズセオリーは独学で習得、日々精進中です!」
こさかじゃず出演者


14:00〜
ぶうどりあん
寺井泰宏(Tp) 上山由郎(Sax) 中川哲也(Dr) 廣岡勝(B) 三好修一(G)
演奏ジャンル ジャズ
レパートリー ・ムーンライトセレナーデ 〜 グレンミラー楽団の有名な曲
・スマイル 〜 チャップリン映画の曲
・ベサメムーチョ 〜 ラテンの有名な曲
・鈴懸の径(すずかけのみち)
 等々・・・
ぶうどりあん
メッセージ メンバーは全員奈良県在住です。
けったいな名前のバンドですが、結成以来21年になります。(2014年現在)
地元の奈良や大阪のライブハウス出演及びイベント等での演奏活動中。

今年も『こさかJAZZ』に参加させて頂きまして、ありがとうございます。
ええ演奏ができますようメンバー一丸となって頑張ります。


15:00〜
トムベイカー・スペシャルグループ
トム・ベイカー(Dr) 高橋守(As) Nea(G) 大倉甲(B)
演奏ジャンル ジャズ
プロフィール 【トム・ベイカー】
1955年ニュージャージー州生まれ
ボストンのバークリー音楽院でゲーリー・バートン、ゲーリー・チャフィー、ディーン・アンダーソン等に師事、卒業後ニューヨークに拠点を移し、1978年からフリーランスで継続して活動。
主な活動としてヨーロッパ、アメリカ各地をビル・モレンホフ(ヴィブラフォーン二スト)のツアーに参加。ライオネル・ハンプトン、ジニー・ブライソンとの共演・ジョー・チェンバース、フレディー・ハバードのレコーディングに参加。
【高橋守】
東京都出身。東京とニューヨークを中心に活動。
ニューヨークではCottonClubを始め、数多くのクラブで演奏。ルー・ドナルドソン、フレディー・ハーバード、ジョー・チェンバース、ジョー・デュークス・・・など、数多くのミュージシャンと共演、レコーディングをおこなう。
【Nea】
5歳よりクラシックピアノ、17歳より楽典を学ぶ。
ロックギターを中野重夫氏に、ジャズギターを布川俊樹氏に師事。19歳で上京後R&Rバンド「ルシール」でデビュー。解散後はバックバンド/セッションギタリストとして活動。また作/編曲家として「飛龍の拳」(任天堂)「X2000」(タイトー)をはじめ数々のCM、ゲーム音楽を手がける。
30代よりジャズギタリストに転向し、都内、横浜を中心に活動。渋谷毅、石井彰、布川俊樹、Hi-Tide Harris、坂田稔をはじめ数々のトッププロと共演。
2007年より大阪に活動拠点を移し「nea Guitar School」を主宰、また自身のライブ活動のほか、ラジオのパーソナリティ(「Jazz Up」ならどっとFM 78.4MHz/毎月第1水曜日16:30〜)など多方面で活躍中。
こさかジャズ出演者紹介


16:00〜
Confort
高木哲男(As) 神山香代子(Ts) 福田晃一(G) 小林正見(B) 木村優一郎(Dr)
演奏ジャンル ジャズ
プロフィール 【高木哲男】
JAZZとの出会いは新しいまだ6年です。
きっかけは、8年前にWAZZ・JAZZライブハウスをスタート。
そのあと、大阪市のワークショップで日野皓正リーダーのビックバンドに入りサックス購入。
JAZZとサックスを勉強しながら「うんちくライブ」を継続しています。
URGEグランフロント、URGE高槻支店、URGE船場支店とライブハウスを展開して行きます!!
【神山香代子】
大阪府堺市生まれ。学生時代から服飾と音楽を勉強し、国内外問わず、数々のステージ衣裳やCMポスター撮りのなどの衣裳全般を手がける。
音楽活動としては1988年より関西を中心に幅広いジャンルでライブ活動を開始!!
のちにCMやドラマのエンディングテーマなどのレコーディング、
2002年、女優、夏木マリのジャズコンサートツアーに参加。2009年、ラテン、ファンク、クラブミュージックなど様々なテイストを巧みに取り入れた衝撃の初リーダーアルバム「BE MODAL」を発表。現在、ライブ活動の傍ら音楽スクールにてレッスンやセミナー、音楽理論などの講師を務め後進の指導にあたり多忙な日々を送る。
今後はより一層、オリジナル曲の制作にも力を注ぎ活動展開中〜
【福田晃一】
1956年生まれ。11歳で身近にあったクラッシックギターを手にしギターに目覚める。以後、時代の流れと共にフォークギター、エレキギターへ。友達と遊んでいてもギターを手放さないほどの典型的なギター少年だった福田少年は、ブルース、ブ ルース・ロック、そして70’sブリティッシュ・ロック、アメリカンロックなど時代の流れに沿ってリアルタイムでさまざまジャンルを網羅する。中でも中学生の時に観たレッド・ツェッペリンには衝撃を受けた。
仕事としてギターを弾くようになってJAZZにも精通するようになり、21歳からプロとして活 動を開始。クロードチアリ、デュークエイセス、尾崎紀世彦、弘田三枝子などのステージをサポート・・・スタジオワークも積み重ねるなか持ち前のロック少年魂を忘れないアグレッシヴなギタープレーは、 関西のプロギタリストの中でも一目置かれる存在である。
BBキング、ジョニー・ウィンター、ジェフ・ベック、オールマン・ブラザース、レッド・ツェッペリンからレベッカ、聖飢魔II・・・垣根を越えてギターの話題は尽きない。
【小林正見】
3月15日 大阪生まれ 血液型O型
15歳で初めてベースを手にし、友人と近所の楽器店に通いつめる。
その後、ディスコミュージックの低音に魅せられ本格的にベースを始め、バンド活動に明け暮れる学生生活を送る。
20代からテレビ・ラジオ番組などでさまざまなアーティストと共演し、才能を発揮。
グルーブするファンキーなチョッパーベースと、メロディアスなフレットレスベースの両面を極めたスーパーベーシストとして、高い評価を得る。
現在、ジャンルを問わず多くのアーティストとの共演をはじめ、国内外でライブ、レコーディング、プロデュースを行うなど、多方面で活躍中。
サックス奏者MALTAとのラジオレギュラー出演やABC.TV番組のレギュラー出演。
サンフランシ スコ、ロサンゼルスでのBILL CHANPLIN(Vo/シカゴ)やRICHARD ELLIOT(SAX/元タワーオブパワー)等と、Joe-Guy'sBANDとしてレコーディング。両者共に小林正見の曲をプレイ!
約5年間にわたり八代亜紀の西日本コンサートツアーに参加。
錦野旦のコンサートツアーに参加。
イ・ビョンホンやチェ・ジウが出演した韓国ドラマ「美しき日々」の主題歌を歌った韓国人歌手Zeroのコンサートツアーに参加。
自己のリーダーバンド“DIPLODOCUS”、関西を代表するフュージョンバンド“GIZMO”や、オリジナルR&Bファンクバンド“SAMURAI”のメンバーとしてアルバムを発表。
ライブはもちろんプロデュースにおいても世界規模で活動をしている。
2013MeLissAにてロサンゼルスレコーディングあのSheila E当世界を代表するミュージシャンとのレコーディング完了。
メジャーでの発表準備中。作曲家としてもMeLissAなど自己のリーダーバンドの他、企業にも楽曲提供している。
気さくな人柄も魅力で、音楽学校「MKMusic」を主宰し、後進の指導にもあたっている。
【木村優一郎】
ジャズをはじめ、シャンソン、ロック、ラテンと幅広いジャンルをこなし、繊細かつ大胆であり、柔軟なリズムに定評がある。
Confort
メッセージ Confortは「心地よいJAZZをおとどけします〜」と言うような意味です。
誰でも楽しく、誰でも心がうきうきし、誰でも親しみのあるるJAZZを目指しています。
2008年にConfortは新大阪にWAZZというライブハウスが出来たきっかけで発足しました。新大阪駅前に新しく出来たライブハウスWAZZではJAZZをあまりしらないお客様が多く来店して、顔をしかめて黙ってオープンJAZZのような演奏を見て「難しいJAZZはわからへん、もっと楽しいJAZZをやってくれ〜」というお客様の声でConfortがうまれました!
スタンダードを中心に楽しくなるような演奏、トークを心がけ演奏活動しています。その後WAZZは閉店になりましたが・大阪北グランフロントURGEに拠点は移り発足当時のハートは継続中です。よろしくお願いします。


17:00〜
宮岡信夫クインテット
宮岡信夫(Tp) 稲屋浩(Ts) 藤井貞泰(P) 三原修(B) 高阪照雄(Dr)
演奏ジャンル ジャズ
「星に願いを」「蓮の花」「ブルースオンマイマインド」他 演奏予定
プロフィール こさかじゃず出演者


東大阪市の地図
大阪府東大阪市の近鉄奈良線界隈の市民と商店・企業が創る音楽イベント「東大阪こさかJAZZ」
古くから、JAZZに縁のある小阪を中心に Kosaka jazz street festival を開催。楽しい空間と時間を共有しながら少しずつ拡大中!
ジャズコンボ・ビッグバンド・吹奏楽団・セッションユニットの生演奏のお祭り「こさかジャズストリート」。他府県の方も、どんどんお越し下さい。
東大阪市のイベント
こさかジャズ
小阪
おんがく
東大阪 こさか JAZZ ストリート

トップページ東大阪こさかJAZZについて活動内容実行委員会ご挨拶過去の催し運営・後援・協力
広告についてお問い合せ

参加ミュージシャン募集
Copyright Kosaka jazz street festival All Rights Reserved.