東大阪市のイベント
東大阪

 こさかJAZZ Street 東大阪市の近鉄奈良線沿線の音楽イベント。プロ・アマのJAZZミュージシャンと市民の交流イベント「東大阪こさかJAZZ」

東大阪こさかJAZZ 音楽文化の発展と地域活性化 サイトマップ

東大阪こさかJAZZとは 音楽 こさかジャズの活動内容 kosakajazz こさかJAZZストリート実行委員ご挨拶 音楽祭 こさかjazzの過去の催し 東大阪市情報 小阪ジャズの運営・後援・協力 小阪 東大阪こさかJAZZへのお問い合せ こさかじゃず 東大阪こさかJAZZ
小阪ジャズストリート

HOME > 会場案内 > 祥瑞楼(U・コミュニティホテル)
東大阪のイベント Kosaka Jazz Street
東大阪市 参加ミュージシャン
バンド
ライブムービー
バンド
ライブムービー
こさか
スタッフ募集
バンド
出演者募集
ジャズ
協賛企業募集
音楽
交流
MAP
おんがく
フェイスブック

祥瑞楼(U・コミュニティホテル)

12:00〜
ドンヤーチンバンド with friends
山添 ゆか(Vo) 稲屋浩(Ts) 井野アキヲ(G) 熊代崇人(B) 渡辺愛子(Dr)
  山添 ゆか(Vo)
兵庫県出身、現在大阪市在住、小中学生から吹奏楽でトランペットを学び、幅広いジャンルの音楽に親しむ。ある日、ジャズピアノの巨匠オスカー・ピーターソンに深い 感銘を受け、ジャズピアノの世界に魅惑され、ピアニスト小曽根実氏、作曲家 谷田真也氏に師事する。
様々な楽器奏者との演奏を通じ、天性の歌声を一流の楽器奏者に負けないよう使いこなしたいと思い、独学でボーカルの修行を重ねる。
2007年4月より、ボーカリストとしてのライブ活動を開始。
活動は、大阪、神戸、京都を中心に名古屋、東京、九州、沖縄、北海道など全国に広げている。
2010年NHK神戸生放送に初出演してから、今現在では七回ほどの出演を果たす。
他メジャーFM出演やメディア等多数出演(全国ネット含)
2011年第31回浅草ジャズコンテスト金賞受賞
2015年第16回神戸新開地ジャズヴォーカルコンテストグランプリ受賞
高須クリニックCM出演から矢沢永吉のバンドまで幅広く活躍中の人気ピアニスト秋田慎治氏をサウンドプロデューサーに迎え2014.8.13ファーストアルバム「My Color」をリリース。各メディアに大きく取り上げられる。
只今絶賛発売中
 
井野 アキヲ(G)
4歳でピアノを始め、16歳でギターへ転向する。ライブハウス、コンサートホール等で演奏し、来日ミュージシャンとの共演、様々なアーティストやタレントのバックバンドやレコーディング、楽曲提供、アレンジ等も手掛け、テレビやラジオ等の各種メディアにも出演する。
国内の活動にとどまらず、海外のフェスやTVの出演、ライブも成功させている。
 
渡邉 愛子(Dr Per)
14歳からドラムを始め、18歳で甲陽音楽学院に入学し、江森文男氏・多田明日香氏・馬詰のりあき氏に習う。
卒業後宮川彪氏に師事。
三木楽器講師、地元の音楽教室でレッスン活動を行う傍らJazz,Pops,Rock,Funk,Chanson,歌謡曲など様々なジャンルを幅広くこなし、パーティー演奏からライブ演奏まで精力的に活動する気鋭の女性ドラマー。

共演アーティスト・出演実績:紙ふうせん・水野正敏氏・吉田次郎氏・NHK全国放送(新春女子会コンサート)・Joshua Breakstone氏・新澤健一郎氏・音川英二氏・是方博邦氏・YUKI氏(Acid Black Cherry)・須藤満氏・大高清美氏・安達久美氏・和泉宏隆氏・岩見和彦氏・Minako"mooki"Obata氏・Sean Harkness氏とセッションを経験。
  山添ゆかバンド


13:00〜
トルネードボンバー
箕作 元総(Vo.G) 金井 優貴(G) 生島 大輔(P) 真木 毅(B) 光田じん(Dr)
プロフィール 箕作 元総(Vo.G)
1970年、大阪生まれ。幼い頃より、音楽家であった祖父や、音楽好きだった両親の影響で、いろいろな音楽に親しむ。
13才でギターを始め、クラシックギターを中川誠氏に師事。15才の頃よりライブハウスなどで活動を始める。
ジャズに興味を持ち、道下和彦氏に師事。同時に音楽理論を、祖父に学ぶ。
自己のバンド「トルネードボンバー!」も日本各地で好評を得ている。日本各地をギター一本持って演奏してライブを展開中。
金井 優貴(G)
13歳で当時流行りの弾き語りに憧れ、ギターをはじめる。
中学〜高校生でパンクやロックを演奏。18歳で活動の拠点を大阪にうつし、様々な音楽に触れる内に、ジャズに興味を持つ。
20歳から本格的にジャズを志し、現在は関西を中心に、精力的に活動中。
生島 大輔(P)
ジャズピアノ、バンドネオン奏者
ロックやジャズを聴き16歳からピアノを弾き始める。
19歳からジャズピアノを清水武志氏に師事しその頃より関西各地のライブハウスやバー、レストランなどでジャズを中心とした演奏活動をはじめる。
同時期タンゴを聴き感銘を受けタンゴの花形楽器であるバンドネオンを門奈紀生氏に師事。門奈氏率いる日本を代表するタンゴ楽団「オルケスタ・アストロリコ」に参加しアルバムの録音や演奏活動を行う。
2013年バンドネオン中心の1stソロアルバム「Pensees」発表。
トルネードボンバー


13:50〜
升本しのぶグループ
升本 しのぶ(Vo) 笠松 聡也(B) 家口 直哉(B) ワタンベ(Dr)
プロフィール 升本しのぶグループ


14:40〜
ジョシュア・ブレイクストーントリオ
ジョシュア・ブレイクストーン(G) 福呂 和也(B) ボン・ヴァロン(Dr)
   
  ジョシュア・ブレイクストーントリオ


15:30〜
朝倉&YOKO
朝倉 聖(Dr) 小泉 陽子(Vo) 木村 ヒロヨシ(P) 藤岡 靖博(B)
プロフィール 朝倉 聖(あさくら きよし)(D)
1978〜1981大阪のジャズクラブ「ロイヤルホース」のハウスバンド西山満トリオに参加、北村英治、峰純子、笈田敏夫、マーサ三宅、等一流のミュージシャンと共演、海外のミュージシャンとのセッションも数多い、現在は自己のグループを結成しライブハウス、ホテル、イベント、コンサート等で活動中、又ドラマーばかり四人のパーカッション・アンサンブルグループ「超越時空」を結成し注目を浴びる。
2001年5月
日中文化友好の一環として自己のグループを率い中国杭州「浙江省音楽庁」で日本人初のジャズコンサートを開催し熱烈な歓迎を受ける、中国琵琶の名手「王 涛女史」と共演。
2007、2008年
中国大連にて「中国ハンセン病村支援チャリティジャズコンサート」に出演
2010年6月
「第3回中国ハンセン病村支援チャリティコンサート」中国杭州にて開催。

音楽教室やクリニック等を行い後進の指導も精力的に行う。
他に障害者支援コンサート『チャリティジャズメッセ』を主催、2014年11月9日(日)に第31回目開催予定。又、老人の音楽療法の分野にも取り組む一方、和歌山「高野山」では1994年〜2001年まで和太鼓の指導(世界リゾート博覧会、他多数出演)
2000年3月
ジャズドラム教則ビデオ(ワイヤーブラシ奏法)『ブラシ四天王』「河瀬勝彦氏、菅沼孝三氏、大坂昌彦氏、朝倉 聖の合作」出版、
2005年7月
リーダーアルバム「OLEO」リリース。

過去の主な出演
大阪城野外ステージこけら落としジャズコンサート、ジャズイン高野山、
高野山大学百周年記念コンサート、中之島ジャズコンサート
大阪花の博覧会コンサート、神戸ジャズピクニックコンサート
神戸まつり、神戸アーバンリゾートフェア、いちばん星コンサート
8時間耐久ライブ、徳島ジャズストリート、丸亀ジャズストリート、
中国杭州ジャズコンサート、大連チャリティコンサート、
中国杭州チャリティコンサート
チャリティコンサート「ジャズメッセ」他多数出演。
小泉 陽子(Vo)
京都生まれ。
1997年 ニューヨーク生まれのSandi BlairにJAZZ VOCALを本格的に師事。
1999年 Sandi Blairプロデュースのもと、アメリカ・ニュージャージー州にて、CD「Dream」(キングレコード Paddle Wheel)をレコーディングし、メジャーデビューする。
レコーディングメンバーに、ノーマン・シモンズ(Piano,Arr) ポール・ウエスト(Bass) ウィナード・ハーパー(Drs) を迎え、「Swing Journal」「JAZZ LIFE」等各ジャズ雑誌にて脚光を浴び、本格的シンガーの登場と話題になる。
レコーディングで共演したポール・ウエストは「Warm and rich voice」の持ち主と絶賛。
木村 ヒロヨシ(P)
1942年生まれ、中学時代にクラシックピアノを始め、社会人になりジャズに興味を持ち、24才でプロ入り、西山滿グループ、伊藤智幸グループを経て自己のグループを結成する、国内外の著名なミュージシャンとのセッションも数多く体験、また、男性ボーカリストとしてもパイオニア的存在。自身のボーカルCDもリリースしている。
藤岡 靖博(B)
20歳でプロ活動を開始する。
その後、村上治、松村和男の両氏に師事しクラシック奏法を学び、ジャズからクラシック迄、オールラウンドの活動を続ける。
現在、ジャズライブやコンサート等の他「ミュージックフェローズ・たまねぎ」のメンバーとして活動中。
コンピューターでの音楽製作も手掛ける。
朝倉&YOKO


16:20〜
阪田敦子バンド
阪田 敦子(P) 井上 弘道(Ts) 刀祢 直和(B) 名村 成一(Dr)
プロフィール 阪田 敦子(P)
井上 弘道(Ts)
10才から電子オルガンを始め、中学で吹奏楽部に所属、サックスを手にする。
高校時代にジャズの魅力に取りつかれ、独学を始める。
大学入学を機に京都に移り住み、23才で市川修(P)のグループに参加、プロとして活動開始。以降、国内外のミュージシャンとセッションを重ねる。
これまでにエド・ルイス(Tp)、中島教秀(B)、京都コンポーザーズジャズオーケストラ(ビッグバンド)のレコーディングに参加、好評を得る。
現在は自己のグループ及びサイドマンとして、京阪神のジャズライブハウスを中心に活動。また、後進の指導にあたる。
刀祢 直和(B)
Bassist... arranger ..composer
アメリカンヴィンテージサウンドに影響されコントラバスを始める。
Nshiguchi JiveやDEATH DEALERS(現 NEAT BEATS)を経て、エディゴメスさんの枯葉のベースラインを聞いいて衝撃をうけジャズに転向。
魚谷のぶまさ氏,上山崎初美氏にベースを、田村文人氏バークリージャズ理論を師事。
ジャズミュージシャンとして20代前半から活動を開始。
アメリカのジャズを感じたく数々渡米をしセッションを重ねる。
イギリス No hit Record に誘われ渡英。
世界的有名な VINTAGE スタジオの TOERUG STUDIO で1950年代から活躍する” ”RONNIE DOWSON”さんのレコーデングに参加。
自分の音楽を求めるために自己リーダー ”TONE QUARTET" 結成。
「 Flamenco Sketches 」「 TOMORROW 』リリース。
作曲した楽曲がパチンコマルハンのテレビコマーシャル、 FM COCOLO「World Jazz Warehouse」のエンディングテーマに採用され、他にもラジオ、演劇やDVD にも使用され、関東,沖縄までのツアー、Club noonでのクラブジャズイベントのレギュラー出演など。
フリージャズと出会いバンド”起き上がり小法師”により音楽はさらに自由な方向へ進む。
ロックサイドでは浜辺シゲキバンドにサポートとして加入。
荒吐ロックフェス(浜辺シゲキバンド)
アメリカ テキサス SXSW 国際音楽フェステバル 2 年連続出演(マキ凛花バンド)LA ツアー
他、多数の海外のミュージシャンの JAPAN ツアーのベーシストや多数の EP,LP,CD や DVD にも参加。
新たなTONE BASS TRIOを結成。
「 TRIO AND QUARTET 」をリリースしツインドラムの”TONE QARTET+1”や”TONE BASS TRIO”などで数々のイベントにゲスト出演。
東京から大阪、屋久島などの定期的一人ツアーでの各地ミュージシャンとの共演。
日本ではまだ数少ないフラメンコジャズ AZUCAも再活動開始し日本初のフラメンコベースも研究中。
新たな音楽を求めとどまる事を知らない。
名村 成一(Dr)
府立夕陽ヶ丘高校、関西大学卒業。大学在学中よりプロ活動を開始。
小曽根真(p)と共演。 セッション、コンボ、ビッグバンドと多彩にに活躍中。コンボでは、 大塚善章(p)関大シニアトリオ、CLUB夕陽ヶ丘《with藤嵜佳里(p)》等、ビッグバンドでは関大OBニュートーンジャズオーケストラ、中野ひろし・スゥィングガイズオーケストラで演奏。谷五「グラバー邸」、関学大正門前「SMCカフェランド」、西宮市「大学OBビッグバンドジャズ祭」等に出演 。
阪田敦子バンド

東大阪市の地図
大阪府東大阪市の近鉄奈良線界隈の市民と商店・企業が創る音楽イベント「東大阪こさかJAZZ」
古くから、JAZZに縁のある小阪を中心に Kosaka jazz street festival を開催。楽しい空間と時間を共有しながら少しずつ拡大中!
ジャズコンボ・ビッグバンド・吹奏楽団・セッションユニットの生演奏のお祭り「こさかジャズストリート」。他府県の方も、どんどんお越し下さい。
東大阪市のイベント
こさかジャズ
小阪
おんがく
東大阪 こさか JAZZ ストリート

トップページ東大阪こさかJAZZについて活動内容実行委員会ご挨拶過去の催し運営・後援・協力
スタッフ募集広告についてお問い合せ

参加ミュージシャン募集
Copyright Kosaka jazz street festival All Rights Reserved.